第3部
お金のことについて

5. 離島やへき地に住む人向けの制度を知る

(1)がん治療の渡航費等助成(沖縄県離島患者等支援事業)

離島に居住するがん患者さんが、本島等での通院が必要な場合に、渡航費や宿泊費の一部を市町村が助成する制度です。

イラスト:飛行機・船

対象となる人

離島に住所のある方で、おおむね次のとおりとなっていますが、対象者や助成内容の詳細は市町村によって異なりますので、お住まいの市町村へお問い合わせください。

  • ①がん患者であって、医師が「居住地以外の医療機関での治療が必要」と認めた方
  • ②付添人の方(ただし、助成を受けるがん患者が、未成年、要介護者であることなどの要件があります)