第2部
よりよい療養生活を
おくるために

6. 最期まで自分らしく生きる

(1)終末期における緩和ケア(ターミナルケア)

ターミナルケアとは、病気の回復が見込めなくなったとき、患者さんに残された時間の苦痛をなくし、その人らしい生活をおくってもらうために行われるものです。エンドオブライフケアとも呼ばれます。

緩和ケア病棟(ホスピス)と在宅療養があります。

緩和ケア病棟では、トータルペインの視点でケアの提供を行い、患者さんやご家族が過ごしやすい設備を整えています。

■緩和ケア病棟(ホスピス)のある医療機関

  • 与勝病院

    うるま市勝連南風原3584

  • 国立病院機構 沖縄病院

    宜野湾市我如古3-20-14

  • アドベンチストメディカルセンター

    西原町幸地868

  • オリブ山病院

    那覇市首里石嶺町4-356

  • 沖縄赤十字病院

    那覇市与儀1-3-1

  • 南部病院 ※6月に移転し、豊見城中央病院に改称6月からの電話番号は現時点で未定

    糸満市真栄里870 ※6月に移転予定(旧豊見城中央病院)豊見城市字上田25

沖縄県医療計画には、在宅での看取りに対応する医療機関が掲載されています。

【緩和ケア外来・入院の手順】

イラスト:緩和ケア外来入院の手順