第2部
よりよい療養生活を
おくるために

5. AYA世代のがんを考える

(1)AYA世代のがん

AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、A世代(Adolescent、15~19歳)とYA世代(Young Adult、20~39歳)を指しています。この年代は、中学生から社会人、子育て世代とライフステージが大きく変化する年代であり、患者さん一人ひとりのニーズに合わせた支援が必要です。

20歳代までにかかるがんは稀なものが多く、原則としてがん診療連携拠点病院を受診することが勧められます。さらに、15~19歳は小児期のがんと同じ種類であることが多く、心身ともに発達の過程にあるため、小児科で診療を受けることが勧められています。

AYA世代ではがんの治療前に、主治医からがん治療前に妊娠するために必要な能力(妊孕性:にんようせい)を温存するための「妊孕性温存療法」についての説明があります。主治医と何度も面談をすることや、琉球大学病院「がんと生殖医療カウンセリング外来」で相談することが大切です。

また、親、兄弟、恋人・パートナー、子どもとの関わりは生活の中で切り離せません。悩んだときには、話しやすい医療者やがん相談支援センターのがん専門相談員に相談してみましょう。

学業の継続や仕事の継続、就職活動など、様々な問題への対応がすぐに求められることもあります。そのような方のためにがん相談支援センターがあり、すべての相談に対応していますので、積極的に利用することが重要です。

※県外ですが以下の活動団体があります。
若年性がん患者団体 STAND UP!! ~がん患者には夢がある~