第3部
お金のことについて

4. 家庭の状況に合う支援を受ける

(1)傷病手当金

会社員や公務員の方が、病気などで働けなくなったときに、生活を支えてくれる制度です。健康保険、共済組合等に加入している被保険者本人が、賃金(報酬)がもらえない場合などに、ある程度の収入が保障されます。

健康保険・共済組合等への加入期間が1年以上あれば、退職後も傷病手当金の給付が受けられる場合があります。退職日までに連続した3日以上を含む4日目以降を欠勤し、以下の条件を満たしていることが条件です。

会社員や公務員の方向けの制度です

イラスト:会社員

対象となる人

健康保険、共済組合等、船員保険に加入しているご本人(被保険者)

対象の条件

  • ・病気のために仕事ができない
  • ・連続する3日を含み、4日以上仕事を休んでいる
  • ・賃金(報酬)が支払われない 

※賃金(報酬)をもらっていても、その額が傷病手当金の額よりも少ない場合は、傷病手当金は賃金(報酬)との差額分が支払われます。

 覚えておくとよいこと

  • ・支給期間は休職4日目から1年6ヵ月間です。
  • ・担当医師の証明、事業主(会社)の証明が必要になります。
  • ・会社を退職する前に、加入している医療保険窓口に相談しましょう。